スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まつりだわっしょい 運動会

昨日は、大阪の保育園の運動会。

インフルエンザで心配されましたが、なんとか無事終了

よかったよかった

年長さんは、「まつりだわっしょい」を笠の踊りも入れて披露
インフルエンザで練習もままならずでしたが、本番はバッチリやったね

ところで、面白い演技を発見!

CIMG0014_convert_20091129184734.jpg


先生たちはさすがお上手
保護者と先生方一緒の楽しい競技。「園恒例 大大掃除大会」。

いやはや。かくいう私もこういう掃除を毎日しておりましたわ
何回も雑巾を洗いにいくのが面倒なので、拭いたあと折ってたたんでまた折って・・・
体育館(講堂やったかな?)20メートルぐらいはあったかな?
子どもの頃の記憶やし、やたら長かったような気がするけど、列になって競走したなあ。。


こういう雑巾がけは、腹筋も背筋も使うし、床を親指でしっかりけって進むし、今思えば自然な形で筋力や姿勢を作っていけたんですよね。


現代の子どもたちの日常にも是非取り戻したい習慣と思います。


最近、「からだが不器用」=手がとかではなくて、からだそのものがぎこちない動きの子どもが多いなあと感じています。

からだの肉付きが薄く平っぺたい感じのする体型の子どもや、そういう子どもに多い、動作が「いったんもめん」のようにひらひらとして頼りない感じの子どもも気になります。


運動会は、保護者にとっては、我が子の心とからだが育っていることを喜ぶ日だと思います。
そして、我が子の成長に毎日一生懸命支援してくださっている保育者の皆さんへの信頼を感じる一日だとも思います。



いいですねえ。。。。ほんま













スポンサーサイト
プロフィール

野口 操 のぐちみさお

Author:野口 操 のぐちみさお
性別: 女性
兵庫県在住
職業:和太鼓指導者・演奏者・研究者
   学校教育学修士
研究: 保育内容表現「幼児の和太鼓における表現活動の研究」
所属: NPO法人 和太鼓教育研究所
主宰:子ども和太鼓表現研究舎「音童」おとわらべ
「日本保育学会会員」
「日本オルフ音楽教育研究会会員」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
5018位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
597位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。