スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの お話しは その子の こころの表現

このお仕事で 年を重ねる内に 太鼓の先生で お邪魔したはずが、先生方の保育の相談事

承ることも多い。


私としては、専門外なので・・・・と思うが、

それだけ、現実が厳しいというか切羽詰まっての毎日があることを意味していると思う。





「心がざわざわしている子が多い」。。。


ある園長先生の言葉が印象的だ。








今日、大阪のN保育園で太鼓の時間が終わったら、子どもたちが何人か 「せんせ せんせ」と


寄ってきてくれた。





ちゃきちゃきとようしゃべる 女の子たち 

自分はどこに住んでいて、兄妹は何人で・・・

で、

ノグチセンセは、どこからやってきて、何歳? 子どもは?







たぶん・・・だが、

自分のことを 大人に いろいろと いっぱい お話しができる子たちは その子なりの 

ドスンと座ったものをもっているように思う。



お話を聞いてくれる 大人が 周りにいて とりとめのないいろんなお話だけれど 

とにかく ふんふんと 頷いて 聞いてくれる・そういう大人が周りにいたら


子どものこころは安らぐ=安心する と思うのだが・・












スポンサーサイト
プロフィール

野口 操 のぐちみさお

Author:野口 操 のぐちみさお
性別: 女性
兵庫県在住
職業:和太鼓指導者・演奏者・研究者
   学校教育学修士
研究: 保育内容表現「幼児の和太鼓における表現活動の研究」
所属: NPO法人 和太鼓教育研究所
主宰:子ども和太鼓表現研究舎「音童」おとわらべ
「日本保育学会会員」
「日本オルフ音楽教育研究会会員」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
5018位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
597位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。