FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログの存在

今や生活のツールとして当たり前になってきたメール。

発信者が発信者の都合で自由に書いて公開できるこのブログ。


「書いたものを自由に公開できる」ことは、いい意味での時代の産物であろう。


しかし、時にはいろいろな問題も生じる。


たとえば研究所のブログ。「スタッフブログ」となっているので、関係者なら自由に書き込んで公開できることになる。



個人の思うことを縛りなく発信するということは、いいかえると「いうたもん勝ち」ということも言える。

しかし、「スタッフブログ」のように個人ではなく、複数での管理(組織で管理している)ものは、その中での表現の適性に配慮が必要となると私は考える。


また自分の立ち位置がどういう立場(先生としてか、所員としてか、または立場を考えないでの一人の人間としてか)でものを言おうとしているのか・・・
だから使用する言葉や表現も大いなる配慮が必要と思う。


メールにしてもブログにしても書く方の側の都合で一方的に言いたいことを公開できてしまうツールである。

受け取り側の気持ちや状況を察しながら出すという「間」は、このツールにはない。
直接話をすれば、相手の表情やしぐさで反応を感じ取りながら、うまくコミュニケーションをとろうと努力しているのが、一方的な発信でしかない。




言うたもの勝ちな考えは好きではない。


無神経なものが「自由」「当然」のように出ることは私は納得できない。




コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

野口 操 のぐちみさお

Author:野口 操 のぐちみさお
性別: 女性
兵庫県在住
職業:和太鼓指導者・演奏者・研究者
   学校教育学修士
研究: 保育内容表現「幼児の和太鼓における表現活動の研究」
所属: NPO法人 和太鼓教育研究所
主宰:子ども和太鼓表現研究舎「音童」おとわらべ
「日本保育学会会員」
「日本オルフ音楽教育研究会会員」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
4908位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
548位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。